勾玉(まがたま~たまゆら~たますりべ)魅力の尽きない宝物①

縄文時代中期(約5,000年前)古墳時代(約1,500年前)の遺跡や古墳から数多く発見され、北海道から沖縄に至る日本各地から発見されている「勾玉」、語源は曲がった玉「曲玉」が転じたとの説もあるようです。

ところで勾玉の「勾」は以外にも普段の生活の中で馴染みのあるフレーズなのですが、見覚えありませんか?

におう!?似ていますがにおうの漢字は勹(つつみがまえ)の中がㇺではなくヒ「匂う」のため不正解です。
正解は坂などの傾斜角に用いる「勾配」です。曲がるの意味を持つ勾、よりも玉が断然、要なのです。
形に関しても出雲型、大和型と呼ばれる物も含め明確な定義はないようでモチーフさえ判明していませんが、勾玉の前身はもともと球体で後に加工に手間をかけるほど価値も上がり、今のカタチにたどり着いたのかもしれません。


形や大きさ、材質、そして用途さえ何の定義もなく謎だらけなのですが、皇室に伝わる鏡と剣と玉のいわゆる三種の神器の一つでもあり、日本書紀や古事記にも明記されている由緒正しいお宝なのは間違いないようです。

有力な説として、古代〈古墳時代〜飛鳥〜平安中期〉の社会構造、氏姓制度〜律令国家による部民に分類された玉造部(たまつくりべ)または(たますりべ)は勾玉などの玉類制作に従事した職業部であり、現代の伝統工芸士のような役割を果たし河内、大和、武蔵、下総、陸奥、常陸、摂津、近江、周防、讃岐、出雲など全国に分布されていた歴史があり、管玉・平玉・勾玉等を各地で量産していたようです。

三種の神器の一つである「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)を製造した地とされるのが温泉でも有名な島根県松江町玉湯町玉造(旧出雲国)です。縁結びでも知られる大国主命を祀る出雲大社(いづもおおやしろ)から約35㎞で一時間圏内の場所に位置し、勾玉の材質に適している良質のメノウが採掘できる地でもあり、玉造部に関わる人々も多かったようです。玉造温泉は山陰屈指の名湯で、一度入ると容姿端麗になり、再び入ると万病が治ると「出雲国風土記」に綴られており、美人の湯、神の湯との呼び名もあります。幸いにも何度か温泉に浸かる機会があり、実際に入浴した感想は少しトロみのあるような肌にやさしい泉質が実感できます。湯けむり温泉街という情緒は皆無ですが、玉湯川沿いに和風の宿が立ち並び、各宿敷地内に日本庭園を設け和を寛ぐ志向の純和風旅館メインの温泉宿で、出雲大社の歴史と並ぶ開湯1300年の歴史があり、温泉街の玉湯川に架かる勾玉橋の欄干にはにはシンボルでもある巨大勾玉をはじめ、燈籠、マンホールなど各所に勾玉を感じることが出来ます。

「たまゆら」(玉響)という言葉を知っていますか?聞いたことはあっても意味までは知らない方が多いのではないでしょうか?

一説には勾玉が触れ合うかすかな音とも伝わっています。ガラス細工の風鈴の音色ならイメージできますが、碁石がぶつかるような音しか想像できませんよね?

たまゆらの如く、謎だらけの不思議なお宝「勾玉」の魅力はつきません。

今回は島根県にある出雲大社でも有名な出雲国玉造温泉の勾玉の歴史を主に取り上げましたが、勾玉(まがたま~たまゆら~たますりべ)魅力の尽きない宝物② では、島根県以外で勾玉に由縁のある地の内容で、もっと身近な茨城県内でも勾玉の歴史を感じられる地がある等々ただ今編集中ですのでお楽しみに・・・