無縁仏対策墓じまいNET割|墓じまいはゴールではなく新たなカタチの供養の始まりです。1㎡あたり5万円【茨城県全域対応】

NET割とは工事作業の下見や打ち合わせ、ご精算(集金業務)などに掛かるコスト(人件費)を大幅に削減して実現できるお得な割引料金です。

(一例) 1㎡あたり = 5万円(込)

参考目安料金

3㎡ 15万円(込)
5㎡ 25万円(込)

※寺院墓地など工事の制約、工事申請手続き、また何らかの負担金が発生する場合は工事を承りかねますのでご確認の上、お申込みください。

費用に含まれるもの

  • 墓石、外柵、基礎の解体撤去一式
  • お遺骨の取りだし
  • 解体撤去後の整地
  • 提出書類の代行
  • 工事前・工事完了写真
    (メール形式)

墓じまい 豆知識

墓じまいの需要が増えています

近いうちに(いつかは)無縁墓になる!と考える人は全体の5割強というアンケート(第一生命経済研究所)結果があるように、お墓の無縁墓化と少子高齢化問題は比例して留まることなく加速しています。
戦後の日本では大家族から核家族化社会が広がりをみせ、それとともにお墓ブームの到来でお墓が乱立していますが、お墓を建てても管理(墓守り)する人が居なくなれば当然のことながら墓じまいするか無縁墓になってしまいます。

現代では海洋散骨、樹木葬、自然葬、手元供養、永代供養墓など様々な葬送(供養)の選択肢が増えたことにより無縁墓になる前に墓じまいの選択肢を選ぶ方が増えている理由のひとつです。

墓じまいを煽るわけではありませんが、問題を先送りにせず身内、親類と話し合い先ずは方向性だけでも決めることが第一歩ですし、墓じまいが決して最終ゴールではなく新しいカタチのご先祖供養の始まりなのです。

墓じまいの手順

単に墓じまいといっても一体何から始めれば良いのか分からない方が大多数だと思いますが、先ずは身内、親戚との話し合いが必要不可欠でお墓に関係者の同意がなければ話は進みません。
現在のお墓の管理者にも伝えなくてはなりませんが、それと同時に既に埋葬されているお遺骨をどうするかを決めておく必要があります。
永代供養墓や散骨など様々な選択肢がありますが、お墓(お遺骨)の引っ越しをする際は改葬許可証、改葬先の受け入れ証明書などが必要となります。
等々、 墓じまいは何かと労力が必要ですので計画をもって進めましょう。

お申し込みの流れ

  1. 1

    パソコン・スマホからお申込み頂いた後、墓じまいに際しての必要事項を頂くための送信手順書をご返信いたします。
    (必要情報送信手順書のみを資料請求することが可能です)

    資料請求する お問い合わせ24時間受付

  2. 2

    現場状況確認

    必要情報をパソコンやスマホにてわかりやすく送信して頂くための「必要情報送信の手順」を返信いたします。
    (地点情報・お墓の写真などが必要情報となります)

  3. 3

    お見積算出

    必要情報を元に正確な費用概算を算出しメール等にてお見積書を提出いたします。

    ※必要情報を頂いてから2営業日以内

    ※現場の状況(搬入路、霊園、寺墓地、共同墓地などの規制)などにより工事を承れない場合がございますのでご了承願います。また、工事の際に管理費、通行費(お水代)などの費用負担は一切致しかねますのでご注意願います。

    (工事車両駐車スペース、お墓までの距離・道幅・階段の有 無・坂道、既存石塔の大きさ・本数、既存外柵・基礎の状態などを必要情報から割り出し算出致します。)

  4. 4

    お申込み(ご契約締結)・ご精算

    ご契約書を作成し取り交しご精算

  5. 5

    工事

    工事日程が決まり次第ご連絡します。
    (ご契約締結後一か月以内)
    工事が完了しましたら完了報告(工事前写真・工事完了写真添付)完了