海洋散骨

ご家族に代わって丁寧に海(外洋)へ散骨します。
私たち人のカラダを形成する成分・元素のほとんどが海に存在 しているそうです。
血清も体液も海水に限りなく酷似し、人類のみならずあらゆる生命体は海で生まれ気の遠くなる年月を経て進化しそして陸へ向かった・・・
「土に還る 」よりも「海に還る」の方が理に適っているのかも知れません。

海洋散骨が選ばれる理由

  • 海や自然をこよなく愛し、自然回帰志向が強い。
  • 生前から釣りやダイビングなど海が好きだった。
  • 墓守りをする後継者不足により「お墓を建てない」、「墓じまい」の選択肢を選んだ。
  • 永代供養費などよりも葬送に関わる費用を抑えたい。
  • 墓じまいの改葬先として複数骨を海洋散骨で検討

海洋散骨の料金

海洋散骨費用(委託代行散骨サービス)

50,000円(込)/ お一人様

料金に含まれるサービス

・お遺骨引き取り料金(茨城県内)※有料地域あり

・粉骨パウダーサービス(乾燥料金含む)

・水溶性袋

・海洋散骨費用(献花含む)

・散骨証明書(散骨風景写真、散骨海域明記)

※墓じまい、手元供養などの理由で遺骨が複数になる場合、お遺骨の状態や納期などの条件により異なりますが、可能な限り値引き致しますので、お気軽にお問合せください。

海洋散骨の流れ

  1. 1

    お遺骨お引き取り

    お遺骨の宅配便利用に抵抗を感じる方、ご安心ください!
    茨城県内のご自宅など、ご希望の場所でお遺骨をお預かり致します。
    ※地域別出張費用一覧 マップをご確認下さい。

    • 地域 A・・・・無料
    • 地域 B・・・・1回 5,000円(込)
    • 地域 C・・・・1回 10,000円(込)

    ※B、C地域にお住まいの方でもご指定場所をA地域の公園や施設駐車場などをご指定頂ければ出張費用はかかりません。

  2. 2

    粉骨パウダーサービス

    丁寧に粉骨パウダー施工後、海への散骨に適した水溶性袋に収め、海洋散骨の準備をします。
    粉骨パウダーサービス詳細ページへ >>

  3. 3

    海洋散骨代行サービス

    茨城~千葉~東京~神奈川(関東の海限定)などの外洋にて散骨いたします。散骨場所の指定、立会はできません。

    海洋散骨
  4. 4

    完了報告

    Eメール、または郵送にて散骨証明書(散骨風景写真及び散骨地点明記)をお送りします。

  1. ミニ骨壷(別料金)

    粉骨パウダー化したお遺骨の一部を小さな容器に入れ手元供養に最適なミニ骨壷各種を取り揃えております。
    ミニ骨壷ギャラリーへ >>

海洋散骨の注意点

自分で散骨できるの?どこなら散骨 OK?自然葬(自分で散骨)注意点

基本的に散骨は現在、日本国内に於いて違法ではありませんが、行政の指導として個人が葬送を目的とし、節度をもって行う散骨であれば、との見解ですので最低限のルールを遵守する必要があります。
散骨により近い法律としては「墓地埋葬法」「遺棄罪」が挙げられます。

1.火葬骨を粉骨せず海や山、自宅敷地や個人所有の野山に撒く(埋める)
→遺棄罪となり違法です。
2.火葬骨を粉骨して海や山、自宅敷地や個人所有の野山に撒く(埋める)
→当然ながら海や野山は国有地、自治体、地権者、漁協など管理下の場所に許可なく散骨することは違法です。
3.自宅敷地や個人所有の野山に埋めることは「墓地以外の区域に焼骨を埋葬(埋蔵)してはならない」との墓地埋葬法に抵触するため違法です。
4.自宅敷地や個人所有の野山に埋めずに撒くことは違法ではありません。
他、地域の各自治体で条例を制定している場合がありますので必ず確認してください。

現に散骨を推奨している場所もありますが、散骨の名所などひとり歩きしてしまうと風評被害の問題が発生し、特に個人ではなく商業的に活用される散骨を制限する傾向があります。

散骨可能な場所を消去法で絞ると散骨できる場所は限られ、決してTVドラマのように自由にどこへでも散骨できるワケではありませんのでご注意願います。