茨城弁、茨城訛り、方言



昨夜、

車の中にある書類を取りに家から出ると天気予報にはなかった一時的な強い雨!

戻るとふくらはぎに しっぱね 上がってました!

2018年度 茨城弁免許皆伝 秋版

 は現在でも使ってしまうことがある茨城弁(つい最近まで茨城弁と知らず標準語と認識していた茨城弁)

歩って行く=歩いていく

あおなじみ=青あざ

◆あっぱとっぱ=あたふた

◆あます=吐く,もどす,

◆いぎもねー=無駄な様子,

いしこい=しょぼい,ぼろい,ださい (いしけー、えしけー、へしけーなどとも言う)

いじやげる=むかつく

いじぐる=いじる

◆いしゃる=移動する,退く

◆イヌイット=犬がいるぞ

◆いぬめ=犬

◆いやどうも=相槌

いんねー=要らない

うっちゃっとく=放っておく

◆うでる=茹でる

◆えんいぢがいぢ= 1×1 = 1

おっかない=恐ろしい

おっかく=折る

おっこどす=落とす

◆おっ飛ばす=追い払う

◆おんこたれ=クソったれ

◆おんのめる=埋める

かっちゃく=引っ掻く

かっぽる=捨てる

◆かんめ=蚊

◆かんます=かき回す

かんまねー=構わない

◆きっとばす=切り取る

◆くっちゃべる=しゃべる,無駄話をする

◆くどい=難しい,長くてうるさい

◆くん出す=吐き出す

◆けづめど=尻の穴(その昔、けつの穴が小さい上司を陰で《けづめど》と呼んでいた)

こきたねー=汚い

◆ごじゃっぺ=デタラメ,いい加減

こむ=(布団を)取り込む

◆こわい,こえー=とても疲れた様

しみじみ=しっかり,きちんと

しッぱね=泥がはねる

◆知んねっぷり=知らないふり

◆しゃじ=スプーン

しゃーねー=仕方ない

◆じゃいけるマクソン=M・J

◆しゃばぐれる=しらばくれる

◆しんちまう=死んでしまう

すく=(布団を)敷く しく、すく、ひく、全く区別がつかない。

◆すっかい=酸っぱい

◆するびく=引きずる

◆そだね、そ〜だねぇ=違う、そうじゃない(ちなみにカーリング女子で有名になった「そだね〜」(同意・賛同)を茨城弁に変換すると だっぺな〜、だぞな〜)

◆そーたこと = そんな事

◆ダこのやんのかコラ=威嚇・挑発

たまげる=驚く

◆たんころ=咳、痰、喉の 痰(痰)

◆たんま=(遊び、ゲームなどのタイム)一時休止

◆ちゃぶす =潰す

◆ちゃぶれる =潰れる

ちっこい=小さい

つんのめる=つまづく

つっとす=突き刺す

つっぱいる=突っ込み入る

◆でっかす=(偶然に)で会う

◆でんげる=転ぶ

◆どどめいろ=黒っぽい青紫色( 内出血の皮膚の色) (ぶっちめた色)

とぼ=雨戸

◆ねごめ=猫

◆のざぐ=吐きそうになる

◆のめる=埋める

◆のざえる=むせる

◆はっつける=貼り付ける

はらくちい= 腹が一杯になる

はぎる=切る 例(とごやであだまはぎってくる)散髪屋で髪を切ってくる

はぐる=しそこなう

◆(轢きはぐる=轢きそうになる)

◆ひしゃげる=潰れる

ひっぱり=親戚 例(いぐらがひっぱりになってる)遠い親戚

◆ひゃっこい=冷たい

◆ひっこげる=捻挫する嫁は使っているが他で聞いたことがないので非公認とする。

◆ぶじまわす=フルボッコ

◆ひらう=拾う

◆びっこたっこ=不揃い

◆ふったげる=(風呂を)沸かす・焚きつける

ぶっちめる=指などを挟んだ時に使う 例(ぶっちめだから青なじみできちった)

ぶんぬげる=(底)が抜ける

◆ほっちゃっとく=放っておく

◆ぼっこす=壊す

◆まぐれる=迷う

◆みぐさい=見苦しい

◆みっちょ=~みたい

むぐす=漏らす

◆もさこく=もたつく

みしみし=しっかりと

ももた=太もも

もやっぽい=生理的に受けつけない容姿・態度

◆らいさま=雷

◆やっこい=柔らかい(やーこい、やっこいとも)

◆ゆだれ=よだれ

◆よさる=よける・どける

よばれる=ご馳走になる

わっかく=(皿などを)割る

などなど