【埋葬の歴史】

縄文時代後期~弥生時代には人が亡くなると儀礼のち土葬、白骨化した遺骨を掘り起こし焼骨、のちに壺などに納め土坑に再埋葬した事例もあるようです。また埋葬のひとつの理由に伝染病などを恐れ人里離れた場所(山奥)などに葬るケースもあったと思います。
土葬の他に火葬、水葬、野葬(風葬、鳥葬)林葬などがあったとされています。