【火葬の歴史】

 

古墳時代後期に古墳の一部で火葬の痕跡が残されていたことが確認されています八世紀以降には仏教文化の普及(お釈迦様が火葬だったこと)と共に全国的に広がったようです。
※(天皇、貴族、また高位の僧侶の話であり一般民衆は風葬や土葬が多かったらしい)