【お坊さんがお葬式に関わる歴史】

 

徳川幕府の宗教政策として、一般民衆は必ずどこかの寺の檀家にならなければならない「寺請制度」が成立。(明治時代に廃止)理由として主に他教徒(キリシタン)弾圧の一環。江戸時代後期には一家一寺が一般的になり、葬儀(法事、供養)などに僧侶が立ち会うようになった事がはじまりのようです。