★★★【お知らせ】★★★緊急事態宣言状況下のサービス対応

コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言がエリア拡大され、茨城県は特定警戒都道府県位置づけされたことは周知の事実です。

感染拡大状況下の対応《感染予防対策》

不急の営業(セールス)活動は当面自粛致しますが、電話やメール、SNSにてのお問い合わせ・ご相談・お申込みについては通常通り承っております。

(日時調整の上、オンライン対応も可能です。)

また、墓所工事(打合せ等)や、永代供養墓(納骨など)、直接対面の状況に於いてはマスクは着用は原則とし、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つことを厳守致します。

※可能な限り納骨法要など人が集まること(密)が予測される場合、全ての参列者の安全を考慮し、日程を変更するなどリスク回避を強くお勧め致します。

今後の経過状況を鑑みながら、細心の注意を払い、臨機応変に対応させて頂きますので、ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

     ー 緊急事態宣言 ー

4月16日夕方、全国に緊急事態宣言が全都道府県に拡大されました。

今回のコロナウイルスは、未曾有の感染者数波及、そして感染症が悪化し全世界で被害者が増えています。

外出を控える自粛(ステイホーム)こそがワクチンが無い現段階では、ウイルスを増殖させない唯一の方法とされています。

既に東京都など大都市では緊急事態宣言が発令され、「自粛疲れ」などの報道もありますが、確かにずっと家に居ることは辛い試練なのかも知れません。

しかし、ステイホームが唯一の効果のある手段なのですからここは我慢!

新型コロナウイルスは一つの大災害です。

近年、毎年のように起こる他の自然災害と仮に比較すれば、ライフラインが断たれる事はなく、食料品も購入可能、そして災害報道で目にする過酷で悲惨なな避難所生活が今回は住み慣れたわが家なのですから発想を逆転させて工夫さえすればステイホームを快適に楽しむ事もできるはずです。

本気の「ワンチーム」が実践されれば必ず乗り越えることが可能です。

1日も早いコロナ収束そして終息(完全撲滅)を切に願います。