こな雪浄土サービス

茨城県のお葬式、葬儀の分骨、粉骨は「こな雪浄土サービス」

     
 ライン@開設しました。

  
                                
友だち追加数

事業内容

〔こな雪浄土〕
〔洗浄/コーティング工事〕
〔追加戒名/俗名字彫り〕
〔耐震/免震加工〕
〔墓所工事/設計・施工〕
〔ミニ骨ツボ製造・販売〕

 

対応地域

関東圏内茨城県を中心に近隣の地区

 

お問い合わせ

 

HOME»  お客様の声(問題点)

お客様の声(問題点)

お墓に関するこんなこと知っていますか?

お墓に関するこんなこと知っていますか?


 

●埋葬(納骨)方法は、地域の慣習などにより様々で火葬後の納骨量、納骨容器も地域により異なり、陶器の骨ツボも小さいものは直径9cmの物から大きい物では直径30cmと差があり、陶器以外では白木の箱、布製の骨袋など様々です。また、北海道~東北地方では、陶器の骨ツボは運搬に要するのみでお墓にはお遺骨のみ納めるケースが多く見られ、骨ツボそのまま納める埋葬方法は関東地方などの限られた地域の風習の様です。

●高温多湿な環境下にさらされている納骨室内では雨水が浸入していなくても湿気による結露が原因で骨ツボの中に水が溜りお遺骨が水浸しになっているケースが多くあります。

●地中にお遺骨を埋めれば観念上は土(自然)に還りますが、お遺骨の成分の約70%がリン酸カルシウム等の無機物で他のタンパク質などは土中の微生物等により分解されますが、無機物は分解されず水にも溶けにくく、風化することはあっても、土(自然)に還ることはなく、骨ツボの中であれば尚更です。

●昭和23年に制定された「墓地埋葬法」を機転に国内の葬送(埋葬)方法は「土葬」から「火葬」へと移り変わり、それに伴いお墓(納骨室)の作り方も進化していますが歴史がまだ浅く、確立はできていません。

●「自然回帰」は誰から教わったものではなく、また宗教を問わず最も穏やかな自然の摂理です。

 

お客様の声:湿気が原因の結露問題

お客様の声※画像はイメージです

 

お墓のリフォーム工事をお願いし、工事中カロートの中にあった五つの骨ツボ全てに水が溜まっていて忍びない気持ちになり、「こな雪浄土」をお願いしました。

リフォーム工事も終了し納骨室も改良し自然に還す事ができ、
今後、骨ツボの水の心配もなくなりホッとしています。

 

お客様の声:自然回帰問題

お客様の声※画像はイメージです

 

 

以前から骨ツボの中のままでは家族の遺骨を土に還してあげられないのでは?と疑問があり、
「こな雪浄土」をお願いする事に決めました。

全て戻してしまう事に多少の抵抗があり、相談すると少量の遺骨を納めるミニ骨ツボを提案され、今ではミニ骨ツボはお仏壇にお供えし供養しています。

 

お客様の声:スペース問題

お客様の声

※画像はイメージです

 

代々の骨ツボで納骨室がいっぱいになり、どうすれば良いのか近隣の寺院、石材店に相談すると「古い順にツボから取りだしてかロートの下段に撒きなさい」と言われ試みましたがカロートの入口は狭く奥まで手も届かずとても個人では対応できず断念し、「こな雪浄土」を依頼しました。

これから先の「お墓」の使い方(埋葬方法)の事も家族で話し合えて大変満足しています。